fc2ブログ

2022.09.29 (Thu)

舌斑(ぜっぱん)は愛犬の個性!

おはようございます^^

今回は舌斑のお話しをいたします。
犬は体温調節を口でしているとはいっても、バシュは散歩に行ったとき、興奮して吠えたとき、夢中になってご飯を食べたときと、長~い舌を出して年中ハアハアしています(*^-^*)

DSC02419_2.jpg

舌斑に気が付いたのはだいぶ前ですが、もっと奥の方にも二つほどあります。
私たちもそうですが、舌の状態は大事なので、何か所かの病院で聞きました。
みな、舌斑だから大丈夫とのことでした。

それでも急に斑点がおおきくなったり隆起したりするような場合は、メラノーマという悪性黒色腫もありますので気を付けてみています。

この舌斑、なんであるのかなと少し調べてみましたが、あまり研究されたものが見つからないのですが、
J-STAGEの日本獣医師会雑誌、日本犬の起源とその系統(田名部雄一氏)というところに少しだけ出ていました。

舌上 の青黒 い斑点(舌 斑 とい う)は 人 の好 みや生存適応 などの淘汰圧があ まりかか らない形質 で,犬 種 の系統を探 る手掛か りとな る.舌 斑率 は,日 本犬 では三河犬,北海道犬で高 く,秋 田犬,柴 犬(信 州系,一 般 の柴犬)で は低 い.ア ジア地域では,台 湾在来犬,イ ン ドネシア在来犬な ど南の犬の系統 で は舌斑率 が高 く,韓 国や モ ンゴル在来犬な ど北の犬の系統 では低 い.こ のことか ら,日本 に最初 に入 って住んでいた犬 は舌斑率が高か ったが,その後朝鮮半島か ら入 って きた犬 は舌斑率が低か った ように思われ る[26].し か し,舌 斑 の率 につ いて もこれを減点の対象 としてい る保存会 もあ り,こ の場合 は人為淘汰を受 けるので,こ の形質 か ら系統 を論ず る時 には慎重を期す る必 要があ る.

上記サイトより、引用させていただきました。

日本に最初に入ってきた縄文時代の犬の舌斑率は高く、その後は低かったようです。だからといってそれが生存の淘汰につながるものではないようですが、ドッグショーでは敬遠されているところもあるようです。

ほかにも舌斑について書かれているサイトはたくさんありますが、身体に及ぼす影響はあまり見られないことからその子の個性ととらえていいように思います。

それでも私は、バシュの舌斑に関してちょっと気になっていることがあります。
現在混合ワクチンやフィラリアの薬をもらいに行っている病院でのことです。
いつもいつも大騒ぎをするバシュ、マズルガードをしていてよく見えたなと思って、しばらく考えていたら、一度おやつを上げてもらおうと外したことがありました。
そのとき先生から舌斑について言われたことがあります。

バシュのように舌斑のある子は、興奮しやすい子が多いと。
訓練所のシェパを多く見ている先生の経験からで、医学的な根拠はないとのことです。

それでもやはり気になりました。
何といいますか、、、たとえば人間の場合、

つむじが二つある人や、後ろにある人などのことを、〇〇の性格、、、などと言われたような感覚です。
ユニークと言われるような人のことを、つむじ曲がりとかへそ曲がりと呼ぶような感じなのです。
あるべきところにないとか、ないところにあるとかは医学的根拠はないと思うのですが、私的には、ちょっと気が重たくなる言葉でした。

でも、気にしていても何も始まらないので、かわいいバシュの個性だと思うことにしました。
すべて込みで大好きなバシュなのですヽ(^o^)丿

それでもやはり舌の状態のことは大事なので、これからも気を付けて観察していこうと思っています。

人気ブログランキングへ<

スポンサーサイト



05:49  |  動物病院  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2022.09.22 (Thu)

やっと楽に装着できるようになりました^^ 体重測定用のキャリーハーネス

おはようございます^^

こちらは台風の影響はほとんどありませんでした。
バシュも雨の合間を縫って散歩に出られたのでラッキーでした。

人の少ない森の中に住んでいますので、臆病なバシュは刺激にはなかなか慣れません。

DSC04687_2.jpg

それにしても、何十メートルか先にネコがいるのに気が付いていないのかなぁ?
私は必死にズームで写真撮っていますが、主人も木だって(笑)

DSC04576_2.jpg

といいつつ、この時期は散歩中にキノコ探しに夢中になっている私。
ちなみに、↑ 毒キノコのテングタケのようです。危ない危ない!
どーしようもない家族ですね^^

臆病でも、その子が住環境に合った形で生活できればいいので、家で生活している限りはそれほど問題はないのですが、病院のような都会に行かなければならないこともあります。
慣れて欲しいと思っているのですが、真冬になれば閉ざされた空間になるし、機会を作る方が至難の業です(;_;

バシュにとって、この外の刺激への順応は一生の課題のようです。

それでも経験できる機会が頻繁にあることに対しては、
気が付くと、”できている”と感じるときがあります。

最近特に感じていることは、体重を測るときにキャリーハーネスをつけるときです。

ecinfo_002_08899_2.jpg

何度か書いていると思いますが、週に一回、家で体重を測り始めてから半年ほどになります。体重を測るには、キャリーハーネスをつけて、それから私が抱えて体重計に乗るという手順ですが、まずこれをつけるのがバシュにとっては一大事なのです。

このハーネス、生地が柔らかくて軽いのはいいのですが、とにかくつけにくい😢
バシュが動きまくるので、前脚片方を通せても、ショルダーベルトを持ち上げたまま(私は顎や脇で挟んでいますが)全部の脚を通さなければなりません。
狭いサークルでおやつを使いながらつけていますが、それでも嫌がって逃げるから準備だけで大変! 何度も何度もやり直し😢

それがここ最近ですが、じっと立っていられるようになりました。
さらには足を入れるとき上げてくれるヽ(^o^)丿

装着だけはやっと、本当にやっとですが、できるようになりました(*^-^*)

まだその後、体重計に乗ってじっとしてくれないので、測るまで大変ですが。
ほんの何秒か静かにしていてくれれば、”ピッ”って鳴るのですが。
今のバシュにとっては気が遠くなるほど長い時間なのだと思います。

”慣れる”や”覚える”は、その子の持って生まれた性格や能力によってかなり個体差はあると思います。

バシュはどんなことにも時間がかかる子のようです。
でも、それがバシュの個性です。

バシュとともに、ゆっくりじっくり歩いて行かなければといつも自分に言い聞かせています。

でも、できるようになった頃には、バシュ、じいちゃんになっていそうな(笑)(涙)
かくいう私も、大ババですが(爆)

人気ブログランキングへ<

05:35  |  しつけ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2022.09.16 (Fri)

混合ワクチン接種でまた大暴れ(涙)

おはようございます^^

昨日は、混合ワクチン接種とフィラリア・ノミダニの薬をいただきに病院に行ってきました。いつも病院に連れて行く日が近づいてくると気が重くなります。

2か月に1回の所沢は、遠方の大きな病院なので仕方ないですが、近くの獣医さんに狂犬病やワクチン接種に行くだけでも辛い!おそらく一番嫌なのはバシュだと思いますが(笑)
でも私たちも負けず劣らず嫌です。
それでも何とか気を取り直して向かうのですが。。。

バシュ_3

病院に着く前にマズルガードをされたバシュは、いつものことですが騒ぎ始めます。
座席の上でバタバタ、キュンキュン(:_;)

駐車場に入れると、かなり大声で鳴いています。
それでも予約制なので、前後のワンちゃんを避けて院内に入ります。
というか、誰もいなくなってから呼んでくれるのです(笑)。

車からドアまで歩かせるだけで大変😢
怖くてどうしていいか分からずに四方八方に引っ張りまくり。
いつものことですが、情けないやら恥ずかしいやら。

それで、私の横に付かせて、私が何歩か前に出るまで待たせて、「ツイテ」でまた横に付かせてと、気が遠くなるようなことをしています。
前回まではそれすらできませんでしたが、昨日はドアの前までは何とか進めました。
少しだけ進歩したと思いたいです。

でもドアを開けてからが大変です。
先生や看護師さんに挨拶より先に謝りながら(笑)、診察室まで何とか連れていきます。
まわりに置かれた椅子に飛びついたり、並んでいる商品に手をかけたり、トイレに入ろうとしたり(涙)

なんとか診察室に辿り着いたバシュを、私が顔側、主人がお尻側を抱えて台に載せます。
看護師さんが間に入ってお腹のあたりを押さえてくれました。

先生は、体重が増えて毛艶がよくなったバシュの体を触って
「良い感じになってきましたね^^」と。

私たちが必死にバシュを押さえている間に、注射はあっという間に終わりました。
下に降ろされたバシュは、まだ興奮真っただ中。
看護師さんに向かって唸るわ吠えるわ。
どうも押さえられたのが気に入らなかったようです。

車に戻ってからも、しばらく息も絶え絶え。
私だって呼吸が荒くてマスクが苦しい(笑)

とりあえず年に1回のワクチンが終わったのでホッとしました。
でも、、、
来月に入ったら所沢に連れて行かなければ。
次の憂鬱が始まりそうです。

いつも思うのですが、母の私が憂鬱にならないでもっと明るくしていなければいけないなぁって。きっとその方がバシュとってもいいと思うのです。
わかってはいるのですが、なかなか気持ちを切り替えられない私がいます。

そんな自分をなんとかしなければと、焦って、落ち込んで、そして少し切り替えて、の繰り返しです(:_;)

人気ブログランキングへ<

テーマ : 動物病院 - ジャンル : ペット

08:10  |  動物病院  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2022.09.10 (Sat)

散歩中厄介な”ひっつき虫(植物)”

おはようございます^^

ここのところ雨ばかり降っています☂
雨雲レーダがコロコロ変わる山の天候ですので、雨の合間を見計らって散歩に出ています。

今の季節の悩みは、”ひっつき虫”です。

”虫”といっても植物ですが、

植物が子孫を広範囲に広げるために、種子や果実の表面をとげとげやフック状等にすることで、動物の毛や人間の衣服に付きやすくして、運んでもらうものです。
金沢動物園引用

DSC04495_2.jpg

夏の終わりから秋にかけての遊歩道は気持ちがいいヽ(^o^)丿
と、つい、ひっつき虫のことを忘れて歩いてしまう私😢

バシュが、草に顔を突っ込んでにおいを嗅いでいて顔を上げた瞬間、ひっつき虫が付きまくりのときがあります。
身体に何かくっついているととても嫌がるバシュは、尻尾に落ち葉が点いているだけで気にするのでいつも払っています。
ましてやひっつき虫が付いたら大騒ぎの大暴れ。
私は慌てて取り始めます。

DSC04489_2.jpg

DSC04492_2.jpg

特に多いのが、”ヌスビトハギ(盗人萩)”
植物に疎い私は、いつも帰って来ると必死に調べています(笑)
”ヌスビトハギ”という名前を見つけたとき、盗人の追い剥ぎだぁ~って笑っちゃいました^^

語源もそんな感じですが^^
語源由来辞典

マメ科ヌスビトハギ属の多年草で、かなりデカい!
それに尖っていて硬いので、目や耳や口に入ったらと思うとゾッとします。

DSC04516_2.jpg

DSC04518_3.jpg

次に多いのが、“チヂミザサ(縮み笹)”
イネ科のチヂミザサ属の多年草で、こちらは小さいので、この植物の中に頭を突っ込んで匂いを嗅いだら大変です。顔中に付きまくり😢

はじめの頃は、ハッと気が付くとバシュの顔についているので、取ることに夢中でどこで付いたかが分かりませんでした。
まずもとを見つけなければと気を付けて歩きました。
最近は、群生している場所がわかってきたので、リードを短く持ってにおいを嗅がせないようにして歩いています。

身体に付いたものは口でとるので、飲み込まれたくない!
くっついてしまったときは全身くまなく確認していますが、それでも家の中にヌスビトハギが落ちていることが!
バシュだけでなく、私たちもくっつけて帰ってきていますので、自分たちの点検もしっかりしなければです(*^-^*)

これからの季節は、特に自然の中での散歩には注意が必要です。
クマやイノシシやシカだけでなく、毒キノコやひっつき虫まで、目が回りそうです(笑)

人気ブログランキングへ<

05:10  |  散歩  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2022.09.04 (Sun)

お母さん一泊入院 -かなり良い子だったバシュ!-

こんにちは^^

さて、前回の続きになります。

入院の前日から荷物の準備を始めている私に異変を感じているバシュはかなり興奮気味。
私はといえば、バシュのことも心配ですが、抜歯の不安も大きくて、入院前から抜歯後まで、頭の中はほぼ自分のことでいっぱいでした(笑)

そんな状態でしたが無事に抜歯が終わり、ストレッチャーで病室に戻ると1時間の安静タイム。家族に早めに知らせなけらばと、少々朦朧とした頭でgoogle chatを打ちました。

そのときも、私は自分のことだけでバシュのことは何も聞かないなんとも冷たい母でした(笑)
でも主人からの返信で、
「バシュは、驚くほどお利口にしていて、ウンチも17:05に良いのをしてくれたから、戻ったら沢山褒めて上げて」と。

我に返った私は、
「バシュ、母ちゃんの異変わかってるね。いい子だわ」と返信。
でも主人への労いの言葉もなし。

翌朝、想定していた酷い腫れも発熱もなく、口も適度に開けられたので食事も摂れてホント助かりました。
昔、反対側の埋没親不知を抜いた時は、術後が酷かったので今回も覚悟していたのです。
高熱が出ようが、顔が倍に腫れようが、バシュの散歩だけは頑張らなければと思っていたのです。

主人からは、
朝のウンチが遅れたようで、おまじないを何度かかけて、7:20に良いウンチをしてくれたと安心メールが(*^-^*)
食糞が酷い子だったので、(今も100%とは思っていません)主人もかなり緊張していたようです。

何はともあれ、無事に帰ることができ、バシュと涙の?(興奮の?)再会を果たすことができました(笑)

暴れまくっているから?ボケ過ぎの写真ですが(笑)

DSC04473_2.jpg

DSC04483_2.jpg

サークルの中だとぶつけて危ないのですぐに廊下に出しました。
暴れ過ぎのバシュに、私は抜歯した側の頬だけぶつけられないように気を付けました。

DSC04477_3.jpg

やっと落ち着いて、スワレができるようになりました^^

今回の一泊入院は、みんなにとってとても良い経験となりました。
1日目にはすごく良い子だったバシュも、2日目になると少し紙を食べたようですが、

バシュにしては上出来です^^

主人は、夕方と早朝がリズムになっているバシュのウンチが気になって大変だったようですが、無事にしてくれたのでヤレヤレ😥
お父さんも上出来でした(笑)

いつもべったり一緒にいられるわけではないので、これからも少しずつ留守番の練習を重ねていこうと思っています。
これなら軽井沢に遊びに行かれるかな、な~んて期待している暢気な母です(*^-^*)

2回に分けて長くなってしまいましたが、お読みいただきましてありがとうございました_(_^_)_

人気ブログランキングへ<

08:02  |  その他  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT